凡例

         

●表記について
文字は原則として常用漢字を用いた。また万葉仮名は仮名に改めた。
目録者の判断で補記した書誌事項は[ ](角括弧)に入れて記入した。
●各項目の説明
所蔵(文庫名)
資料の属するコレクション名。所属するコレクションがない場合は「その他」とした。
旧書名
冊子体目録がある場合は、その目録に記載されている書名を記述した。対象となる目録は下記の通り。
 ・『山口大学附属図書館所蔵棲息堂文庫目録』(山口大学附属図書館、1986年)
書名
原則として内題(和古書)、巻首題(漢籍)、標題紙(明治以降刊行図書)に拠った。該当する個所に記載がない場合は外題等に拠った。
旧字体のものについても資料の記載通りに記述した。ただし、変体仮名は仮名に改めた。
漢籍は伝統的な目録法に倣い、書誌的巻数を書名に続けて記述した。
別書名
「③書名」で採用しなかった外題等の書名。
著者
資料に記載されている著者名。
原本における著者名以外に一般通行のものがある場合は、可能な範囲で原本の著者名の後に丸括弧「( )」を付して通行名を記述した。
漢籍の場合、王朝名を丸括弧「( )」に入れ、名前の前に付記した。
巻冊次
和古書の場合、書誌的巻数および現在の冊数を記述した。  (例)2巻3冊
漢籍の場合、現在の冊数を記述した。
出版事項
資料に記載されている出版者を記述した。出版者の所在地が分かる場合は原本の出版者名の後に丸括弧「( )」を付して地名を付記した。
出版成立年次
刊本については、刊行年が分かる場合は「刊」を付して記述した。
写本については、書写年が分かる場合は「写」を付して記述した。
出版成立年次が不明の場合は推定時期を角括弧「[ ]」に入れて記述した。
形態
資料の大きさを「縦×横 cm」で記述した。小数点以下は四捨五入した。
資料種別
「和古書」、「漢籍」、「和刻本漢籍」、「準漢籍」、「洋装本」、「その他」
国書分類(和古書)
和古書について、内閣文庫の国書分類に基づく分類を記述した。
四部分類(漢籍)
漢籍について、可能な範囲で四部分類を記述した。
日本十進分類
明治以降に刊行された図書(洋装本)について、「日本十進分類法(新訂9版)」に基づく分類を記述した。
上位階層・下位階層
資料が階層を持つ場合に、叢書名を上位階層に、叢書の細目の書名を下位階層に記入した。
請求記号
資料の請求記号。
ファイル形式
画像ファイルのファイル形式。
画像リンク
画像ファイルへのリンク。
OPACリンク
資料が学内蔵書検索システム(OPAC)に登録されている場合、その詳細画面へのリンク。
備考
資料の特色など特筆すべき事項がある場合に記入した。